チョコレートラブDXにも含まれるオキシトシンは幸せホルモンとも呼ばれます。恋愛に必須な成分の増やし方を解説します。

媚薬比較検証

媚薬に関する基礎知識

媚薬検証

媚薬体験談

女性用バイアグラのラブグラ通販サイト|ライフパートナー

オキシトシンとは

私たちの感情、行動はホルモンあるいは神経伝達物質によって促されています。

恋をしたり、赤ちゃんを見てほころんだり、好きな相手とSEXする時に、ドーパミン、セロトニン、エストロゲンなどが作用します。
こういった物質を調整する役割をもつのが「オキシトシン」と呼ばれる物質です。

オキシトシンには、他のホルモンと相乗効果をもたらしたり、独自の効果もあります。
例えば、可愛い子供をなぜ守りたいのか、なぜ離婚してしまったのか、あの人はなぜ人付き合いが苦手なのかなど、実はこういった事にはオキシトシンが関わっていると言われています。

未だに分かっていないこともある物質ですが、オキシトシンのメカニズムや作用などについて解説します。

オキシトシンの効果と作用

オキシトシンは、9種類のアミノ酸がつながったペプチドホルモンになります。
別名、幸せホルモンとも呼ばれ、他にも「抱擁」・「恋愛」・「結合」・「母性愛」ホルモンなどと呼ばれることもあります。

カップルや夫婦間のキズナを深めたり、友好関係の構築、信頼関係の構築、母と子の愛情維持など、多幸感を与える作用から様々な異名で呼ばれています。

作用は、全部で10種類にもなります。

1.相手の感情を察知する力がUP
2.他人の警戒心を薄れさせ、社交性を高める
3.他人への思いやりや優しさを促す
4.敵意や怒り、攻撃性などを抑えることで、ポジティブになる
5.ストレスの緩和やストレス耐性を強める
6.食欲抑制効果
7.安らぎを高め、抗不安作用として働き、質の良い睡眠がとれる
8.記憶力をUP
9.愛情、信頼の維持
10.痛みの緩和(頭痛など)

社交性を高めることで、他人からより魅力的に感じてもらえるようになります。

男女で異なる働き

オキシトシン自体は性別や年齢に関係なく生成されますが、作用には性別の差があるようです。

とくに女性には強く働くとされ、異性への関心を強めたり、子供への愛情などにも強く働きます。
なので、女性は博愛的な行動を強めるとされ、一方の男性は利己的に自分を優先する行動を強めると考えられています。

オキシトシン含有の媚薬:チョコレートラブDXとは

年齢でいうと他のホルモンなどと同じく、加齢によってその分泌量は減少していきます。
減少の影響で、熟年離婚が起こる原因にもなっていると考えられています。

コミニケーションやスキンシップあるいは、ふとした時に目と目が合った瞬間などに分泌量が増えると言われているので、積極的に人との関わりをもつ事が分泌量UPにつながるはずです。

オキシトシンの分泌

オキシトシンは、毎日の生活でその分泌量を増やすことができます。

しかし1つ問題となるのは、現代人の生活は「分泌されにくいライフスタイル」であることです。
人と人との関わりが少なくなってきていることは、オキシトシンの分泌を減少させてしまいます。

例えばコミニケーション。
人と人の会話が減り、コミニケーションのツールがスマホやメールが主流になってしまっています。
現代人は、声を交わすことすら少なくなってしまっています。
こういったライフスタイルでは、オキシトシンの分泌量をUPさせることはできません。

ここではそんなライフスタイルを改善して分泌量を増やす方法を紹介し、オキシトシンの持つ様々な良い作用を感じていただきたいと思います。

オキシトシンを増やす方法

まずはホルモン分泌を高める「食事」と言いたいところですが、残念ながらオキシトシンを増やす食べ物はありません。

ある一定の行動をとることで、脳の中でしか生成できないとされています。
分泌量を増やす日常の行動は、次のようになっています。

  • ハグや抱擁や握手
  • 親切な行動
  • 思いやる気持ち
  • 会話を増やす
  • 朝日を浴びる
  • 異性と見つめ合う
  • SEXなどによるスキンシップ
  • パートナーとスポーツ

幸せホルモンと呼ばれるだけに、そのほとんどが人とのふれあいになっています。

となると、パートナーがいない人は分泌量をUPさせられないのでしょうか。
そんなことはありません。
1人だけでも、オキシトシンを増やすことはできます。

パートナーがいなくても出来る!オキシトシンUP術

信頼のおける友人と時間を過ごすことでもOKです。

また1人でいる時でも本やマンガ、映画などで感動することや、もしペットを飼っているのであれば触れ合う時間を増やすことなどでも良いとされています。
とくに、犬とのふれあいは分泌量がUPすることが分かっています。

他にも親切なことをしたり、友人や家族を思いやることなどをすると分泌量がUPされます。

つまり損得を抜きにして、人のために何かをしてあげることでオキシトシンを分泌させることができます。

ここまで紹介してきたことを実践することで、幸せ効果を得ることが出来るはずです。

また現代は、「高ストレス社会」と言われています。
オキシトシンにはストレス耐性を高める作用もあるので、積極的に思いやりをもって人と接していくことがオススメです。