女性の不感症(FSD)にはさまざまな症状と要因があります。性嫌悪症など、男性側に問題があるケースも検証します。

媚薬比較検証

媚薬に関する基礎知識

媚薬一覧

媚薬の体験談

ラブグラ通販

オーガズムと女性の不感症

気分は盛り上がっているけれど、SEXしても気持ち良くない…。好きな人に愛撫されているのに、膣は潤わず、乾いたまま…。

このように、欲求があっても「性的に感じない状態」や「オーガズムを得られない状態」などが常にあるいは頻繁に起こるのが不感症です。

もしかするとはじめの方を読んだだけでも、ドキッとした女性の人もいるのではないでしょうか?不感症といってもその原因や症状はさまざまあります。

「好きな人に申し訳ない」「パートナーに不感症なんじゃないの??と言われ傷ついた」などデリケートな悩みなだけに誰かに相談しにくく、自分を責めたり、1人で悩んでしまう人は多いようです。

これから原因や症状について解説していきますが、決して女性だけに原因がある訳ではなく、場合によっては男性の側にも原因があることがあります。

不感症の原因と症状

実は不感症の原因はひとつではありません。身体面、精神面、どちらからも起きることがあります。なかなか原因を特定することは難しいと思いますが、こちらを参考に自身の不感症になっている原因を参考にすることが出来るかも知れません。ぜひお役立てください。

性嫌悪症

性嫌悪症

簡単にいうと「SEXがイヤッ!!」ということです。からだに触れる、SEXが嫌で仕方ない、とにかく男性に触れられたくない人がこの原因に当てはまります。性欲はありますが、SEXができず辛い状況が続きます。

レイプや近親相姦などの性的虐待、トラウマあるいは「性は汚いこと」と極端に潔癖な性教育を受けた人などに見られやすいです。

性興奮障害

性興奮障害

膣が濡れない、痛みがあって快感がなくいつもイクふりで終わってしまう、などがあれば、性興奮障害と言えます。SEXを嫌いということはなく、欲求も人並みにありますが、快感が得られないことで苦痛となることも。

性に対しての知識が少ないことや、経験が少ないことなどから生じてしまう緊張や不安がこのタイプの不感症の人に見られます。また痛みの影響で、興奮できなくなってしまうことも。

オーガズム障害

オーガズム障害

SEXでは一度もイッたことがないけれどオナニーなら感じる。こういった人はオーガズム障害の可能性があります。オーガズム障害といっても、そのタイプは3つに分けることができます。

  • 一度もイッたことがない→原発性
  • ある時からイカなくなった→二次性
  • オナニーならイケる→状況性

不感症の代表的な症状でもあり、上記以外にも「日による」といった場合などその日のコンディションや年齢でも左右されると言われています。

不感症の改善には媚薬をおすすめ

不感症の改善に役立つものとして媚薬をおすすめします。いずれも感度を上げる成分が配合されているので、濡れにくい方や痛みを伴う方には特におすすめです。また、媚薬の中には不安を和らげる効果を持つものもあります。オーガズムを迎えやすくもなるそうなので、冒険と思って媚薬を使ってみるのはかなり良い方法だと思いますよ。

媚薬を通販サイトで購入する