中折れなどの勃起不全と男性の不感症には原因と症状で違いがあります。危険な自慰の仕方と注意点を解説します。

媚薬比較検証

媚薬に関する基礎知識

媚薬検証

媚薬体験談

女性用バイアグラのラブグラ通販サイト|ライフパートナー

勃起不全と男性の不感症

女性とのSEXでイクのが早過ぎて困る早漏男性がいる一方で、イクのに時間が掛かり過ぎてしまう人や、SEXだと全くイケないことに悩む男性が増えています。

こうした悩みをもつ男性は、男性膣不感症というものになっているかも。
不感症と言えば「女性」というイメージですが、男性にも起こりうる可能性があるのです。

厄介なことに、膣内ではイケないのにマスターベーションではイケるので、SEXを楽しめないことがストレスとなることもあります。

勃起不全と男性膣不感症の相違点

またED(勃起不全)の症状の1つである「中折れ」などと勘違いする人もいますが、男性膣不感症とは異なる症状になります。

EDとは、症状以外にも発症の原因も異なってきます。
からだやこころの問題によって発症するのがEDですが、男性膣不感症は「マスターベーション」が原因です。

間違った自慰が招く男性の不感症

物心がつき、気付けば思春期、その時期には、ほとんどの男性がマスターベーションを覚える、あるいはハマっている時期です。
しかもSEXとは違う快感もあることから、頻度は減るかもしれませんが成人以降も1人ですることはあります。

男性の不感症は長期期間に渡って間違った方法でマスターベーションをしていると誰でも発症します。

AVによる障害

1人でする時に男性がお世話になるアダルトビデオ。
最近では過激なものからアブノーマルな作品も多数、販売されています。
しかもこれらはインターネットで視聴することもでき、レンタルすることも容易です。
一定の快感では満足できなくなると過激なビデオをおかずに、擦る手の刺激も強くなりはじめてしまいます。
そうなると膣の刺激よりも1人でする方の快感が勝るようになり発症にいたります。
カンタンにまとめると「オナニーのし過ぎ」が原因なのです。

自慰スタイルによる障害

例えば、射精時に足のつま先までピーンっと伸ばす癖がある人や、包茎の人が皮を被ったまま擦る、うつぶせ状態で床や布団に擦り付けるなどでしていると、SEX時とはまったく異なるので、いざ本番となった時に快感を得られなくなるのです。
マスターベーション自体はしないよりもしている方が健康的なので恥じることもありませんが、刺激ややり方を誤ってしまうとSEXでイケないからだになってしまう事があるので男性は要注意です。

独りよがりではなく、パートナーと幸せに気持ち良いSEXをするならチョコレートラブDXがオススメです。
購入は下記サイトからどうぞ↓

チョコレートラブDX(媚薬)通販サイト|おくすり購買部